ほくろができる理由とほくろ除去の様々な方法

婦人

クリニックでの治療方法

看護師

ほくろ除去は全国各地のクリニックで行なわれています。そして、その種類は様々なものがあります。それぞれの治療方法に関して、特徴を取り上げていきます。
まず取り上げるのは「Qスイッチレーザー」という方法です。これはほくろ除去に用いられるレーザー治療の一つです。特徴としては、レーザーがメラニン色素にのみ反応するという点が挙げられます。レーザーによりメラニン色素を的確に破壊し、ほくろを薄くします。基本的には、治療後およそ一週間の期間は患部に保護テープを貼るアフターケアを用います。色素を破壊することになるため、ほくろの状態によっては半永久的な除去が見込まれることがあります。Qスイッチレーザーは膨らみのない小さなほくろに対して多く用いられます。
次に紹介するのは「炭酸ガスレーザー」という方法です。これは、レーザー照射の熱を利用してほくろの色素細胞を破壊するという治療方法です。基本的に、膨らみのあるほくろや五ミリ以下のほくろに対して効果的な方法とされています。
Qスイッチレーザーと炭酸ガスレーザーは共にレーザーによる治療方法ですが、この治療方法による利点は傷跡が残りにくい点、治療にかかる全体の時間が短い点、治療後のトラブルが起こりにくい点の三点とされています。その一方で、他の治療方法に比べてほくろの再発が比較的起こりやすいという特徴もあります。リスクを避けて治療を行ないたいという方にとっては特に有効な治療方法です。
レーザー治療の費用はクリニックによって見積もり方法が異なります。一般的には、個数や一ミリ平方あたり、照射の回数という単位で見積もられることが多いようです。
次にお伝えするのはメスを用いた治療方法です。メスには「高周波メス」と「電気メス」が用いられます。方法としては、除去対象のほくろをメスを用いて固めるというものです。薄く固めて除去するのです。固めてほくろ除去を行なうという性質上、傷跡も同時に固まるようになっており、出血が抑えられます。一方で、削りすぎには注意が必要です。数回に分けて行なっていくことで高い効果を発揮します。
この治療方法は、特に大きく膨らんだほくろに対して効果的であり、施術時間が短い点、傷跡が残らない点が利点として取り上げられます。根が深いほくろの場合は一回で切除できないため、複数回に分けて除去することになります。
高周波メスや電気メスにかかる費用は、レーザー治療と同様にクリニックで異なる場合が多いようです。
続いて紹介するのは「くりぬき法」と呼ばれる治療方法です。円筒形の専用器具を用いて皮膚を切開することでほくろを除去するという方法となります。除去後は軟膏によって止血が行なわれます。縫合は行なわないことが一般的です。
くりぬき法は鼻や口元近くのほくろや小さなほくろに対して特に有効です。利点としては、除去したほくろを病理検査に出すことができるという点と再発の可能性が限りなく低いという点です。他の治療方法に比べてリスクは高めですが、その分根本治療が可能になります。ほくろを根本から除去したいという方に対して有効な治療方法であると言えます。
くりぬき法によるほくろ除去は、かかる費用が不透明です。それは、保険が適用されるケースとされないケースがあるため、相場が不明瞭であるためです。
次にお知らせする治療方法は「メス切除縫合」という方法です。この治療方法は大きく膨らんだほくろに対して有効で、ほくろ周辺をメスにより切開し縫合するという治療方法です。ほくろに悪性腫瘍の疑いがある方に対して特に効果を発揮する治療となっています。
最後に紹介するのは「凍結法」というほくろ除去です。凍結法は液体窒素を用いて行なわれます。超低温の液体窒素によりほくろを凍結させます。他の治療方法に比べて手軽に行なえる点が特徴です。
このように、ほくろ除去の治療方法は実に多くのものが用意されています。ほくろの大きさやご自身が希望する除去の度合いによって効果的な方法は異なってきます。