ほくろができる理由とほくろ除去の様々な方法

婦人

ほくろができる理由

婦人

ほくろのできる理由をお伝えしていきます。ほくろ除去の前にその原因を知っておくことで、適切な対応を取れるようにしましょう。
ほくろの元は、メラノサイトという細胞です。メラノサイトは生まれる前、母親のお腹の中にいるときに既に生成されています。そのため、位置に関しては遺伝で決まっているということになります。こういったほくろは先天性のものであり、数自体は多くありません。しかし、先天性のほくろがあれば後天性のほくろも存在します。後天性のほくろは、その後の生活により次第に顕在化していくものなのです。
ほくろの生成を助長するのは紫外線と言われており、およそ思春期の後半からその生成は顕著となります。ここではほくろができるメカニズムを紹介します。人の肌には紫外線を防ぐ色素細胞というものがありますが、その細胞は外的要因によって黒ずむことがあります。黒ずみの度合いが大きいと、それはほくろと化すのです。このほくろこそ後天性のほくろですが、後天性のほくろは増えやすいことに特徴があります。
黒ずみを起こしてしまう色素細胞は、メラニン色素と呼ばれています。メラニン色素が黒ずみを起こす大きな要因は紫外線です。通常、陽の光は人体にとって必要なものですが、あまりにも浴びすぎるとそれは有害なものへと変貌してしまうのです。その代表例として挙げられるのが、メラニン色素の黒ずみによるほくろの発生です。
ほくろができる原因は紫外線だけにとどまりません。肌を圧迫したり、摩擦を起こしたりしてもメラニン色素は黒ずみ、ほくろへと発展することになるのです。また、肌へ悪影響を与える行為も良くありません。例えば生活習慣の乱れやストレスの発生、出産といった行為はホルモンバランスの乱れを引き起こします。ホルモンバランスの乱れは肌の乱れに繋がるので、結果的にほくろの発生に繋がってしまう、ということがあります。
ほくろ除去についてお伝えする前に、上記の原因を捉えたうえでほくろを発生させない対策方法を紹介します。最も有効なのは紫外線対策です。日焼け止めや日傘などを利用し紫外線を浴びないように心がけると良いでしょう。また、肌へ刺激を与えないように注意することも大切です。顔や身体を擦るように洗いすぎるとほくろの発生に繋がってしまいます。できるだけ優しく洗うよう心がけてみましょう。そして、規則正しい生活習慣を作り出すことが肌を健康に保つ秘訣です。睡眠時間の確保、食生活の正常化などを意識し、規則正しい生活をするようにしましょう。
既に存在するほくろを取り除きたいという場合にはほくろ除去を行なうことになりますが、ほくろ除去を行なうクリニックは多数存在します。適切なクリニック選びを行なうようにしましょう。