ほくろができる理由とほくろ除去の様々な方法

ほくろ除去で美しい肌を作ろう

保険適用

考える人

ほくろ除去の際に保険が適用されるかどうかは、その時の状況に応じて異なってきます。一方で、その治療方法によってある程度の目安が存在します。ここでは保険適用がされる場合とされない場合について見ていきます。
まず、保険が適用されるほくろ除去の治療方法について確認しましょう。一般的には、「くりぬき法」「切除縫合法」を用いた場合には保険が適用されることが多いとされています。その理由は、この二種類はほくろの完全な除去を目的として行なわれることが多いためです。
一方で、保険が適用されづらいほくろ除去の治療方法は、レーザー治療であるとされています。理由は、レーザー治療は美容目的で用いられることが多いためです。基本的に、美容目的である場合には保険が適用されません。
では、くりぬき法や切除縫合法であれば必ず保険が適用されるかというと、そうでない場合もあります。保険が適用されるには条件が存在するのです。ここでは、保険の適用に必要な条件をお知らせします。まず一つ目の条件は、健康保険が使える施設であるという点です。クリニックによって健康保険が使えないことがあり、それは美容外科であることが多いです。治療を受ける前に、対象のクリニックは健康保険が使えるかどうか確認しておくと良いでしょう。
二つ目の条件は、悪性腫瘍の可能性があることです。ほくろは、タイプによっては悪性の腫瘍である場合があります。そういったほくろは放置しておくと危険な状態になります。保険の適用対象となるほくろは、メラノーマと呼ばれている悪性腫瘍です。対象のほくろがメラノーマである場合には保険が適用されます。
対象のほくろががんである場合には、いくつかの症状が顕著になります。例えばほくろの色が複数のものになったり、全体の形が整っていなかったり、ほくろ周辺が墨汁のようなにじみ方をしていたり、といった傾向ががんの予兆と言われています。こういった症状がある場合には早めにクリニックでの診察を検討しましょう。腫瘍であれば保険が適用されます。
また、対象のほくろがメラノーマであるかどうか、診断を行なうことができます。それはダーモスコピー検査と呼ばれるもので、皮膚のメラニン色素や毛細血管を調査します。検査時間が短く、検査自体に健康保険が適用されることが特徴です。気になる方は診察の前にこの診断を受けると良いでしょう。

ほくろができる理由

婦人

ほくろは顔や背中など、身体の様々な場所にできてしまいます。気になる部分のほくろ除去をしたいとお考えになる前に、そもそもほくろがなぜできるのか、その理由を調べてみましょう。

詳細

ほくろのタイプと除去

ドクター

ほくろ除去にはいくつかの方法があります。自宅で行なうこともできれば、クリニックで行なうこともできます。そして、それらの効果はご自身のほくろのタイプと連動しているのです。

詳細

クリニックでの治療方法

看護師

ほくろ除去には様々な方法が用いられます。ここでは、クリニックで行なわれるほくろ除去の方法について紹介します。どの施術もほくろの除去に高い効果を発揮してくれます。

詳細